御嶽海が白鵬に勝った時の懸賞金はいくらなの?

2017年7月19日、御嶽海は、白鵬と対戦して、見事白星を挙げて、
懸賞金をもらいました。

実は、この時、横綱:白鵬は、
元大関・魁皇に並ぶ
歴代最多1047勝に王手をかけていた大一番でした。

そんなプレッシャーがかかる、大一番で、
若手の実力者の御嶽海が、白鵬を破りました。

御嶽海は、
4横綱、
・白鵬翔
・元日馬富士公平
・鶴竜力三郎
・稀勢の里寛
を破っているんですね。

https://www.sponichi.co.jp/より引用

御嶽海の白鵬を破った懸賞金は34本!

御嶽海が白鵬を破り、獲得した懸賞金は、
34本だったそうです。

懸賞金の34本、一体いくらになるんでしょうか??

懸賞金は、調べてみると、
1本の金額が決まっているそうです。

1本は、62000円だそうです。

しかし、この62000円が全部もらえるわけではなく、

62000円のうち、
・5300円が日本相撲協会の事務経費
・26700円が納税充当金

そして、残った30000円が力士に渡されるそうです。

御嶽海が白鵬に勝った時の懸賞金の数は、
34本だったので、

34本×30000円=1020000円!!

約100万円の懸賞金だったのですね!!
凄い!

https://www.sponichi.co.jp/より引用

スポンサーリンク

御嶽海は白鵬に勝って懸賞金を獲得!これって金星じゃないの??

御嶽海が白鵬(横綱)を破り懸賞金34本を
獲得した時に、「金星」とは言われませんでした。

なぜ横綱に勝ったのに、
「金星」と言わないのか??

調べるまでは、

「横綱に勝つ=金星」

と思っていましたが、
実は、違っていました。

「金星(きんぼし)」とは、

平幕の力士が、
横綱と取り組みをして、
勝利することを金星というそうです。

そして、小結以上(大関・関脇・小結)が
勝っても、金星とは言わずに、
「白星」というそうです。

もちろん小結以上の力士が勝利しても、
懸賞金は獲得できます。

御嶽海は、関脇で、
小結以上だったので、
金星とは言われなかったんですね。

懸賞金は1本62000円で、
力士に渡されるのは30000円!

これから相撲を観るのがますます面白くなってきました。

https://www.daily.co.jp/より引用

以上、
御嶽海が白鵬を破り懸賞金が凄かった2017.7.19
でした。

スポンサーリンク