半分、青いのキャスト、後半最重要りょうちゃんはこんな人、役柄

半分、青いのキャストで重要な役柄の、
りょうちゃんについての知って得する、
ドラマがさらに面白くなる情報です!

森山涼次、りょうちゃんの役柄を演じるのは、

俳優の間宮祥太朗さん
(まみや しょうたろう)と言います。

半分、青い キャスト りょうちゃん

http://tristone.co.jp/より引用

最近では、『BG〜身辺警護人〜』沢口正太郎役で、
木村拓哉さん、斎藤工さん、と共演していますので
ご存知の方も多いと思います。

間宮祥太朗さんのプロフィール

本名:馬渡 祥太朗

生年月日:1993年6月11日
血液型O型
神奈川県横浜市出身

身長179cm
靴28cm

趣味特技
ギター
映画
音楽鑑賞
野球

トライストーン・エンタテイメント所属

りょうちゃんこと間宮祥太朗さんは、
若手人気俳優ですね。

半分、青いでのキャストのりょうちゃんは、
映画会社「クールフラット」の助監督さんです。

映画監督は、斎藤工さん演じる元住吉祥平。

りょうちゃんは、おばである
「三オバ」藤村三姉妹に溺愛されて育ちました。

りょうちゃんは、映画監督の元住吉祥平を尊敬しており、
縁あって、「三オバ」から逃げ出すようにして、
住むところがないので、元住吉祥平と
一緒にアパート兼職場に住んでいます。

では、どうして、映画監督助手のりょうちゃんと、
鈴愛が出会い、恋に落ちて、
さらには結婚するのでしょうか?

半分、青いのキャストのりょうちゃんと鈴愛はこうして出会った!

半分、青いの後半のキャストのりょうちゃんは、
後半始まってすぐに現れました(笑)

鈴愛が働く100円ショップ「大納言」で
りょうちゃんと運命的な出会いをします。
臨時アルバイトに加わるりょうちゃんと一緒に働くうちに、
恋に発展しました。

りょうちゃんは、鈴愛に
出会ってから6日目でプロポーズ、
見事OKをもらい、結婚することになりました。

りょうちゃんは、設定上、ふわっとした、
何事も続けることが苦手な、
若干頼りない青年ではありますが、

出会って6日でプロポーズをするとは、
やるときはやる男なのかも!?しれません(笑)

スポンサーリンク

半分、青いのキャストのりょうちゃんは、間宮祥太朗さん。

半分、青いのキャストのりょうちゃんは、
上記のような感じの人です。

ドラマ後半では、主役級の活躍です。

そして、もうひとつ、
鈴愛がりょうちゃんを意識し始めたきっかけがあります。

それがこの「詩」です。

詩「僕は。」
「僕は、遅いかもしれない。でも、走ろうと思う。」
「僕は、悲しいかもしれない。でも、隠そうと思う。」
「僕は、負けるかもしれない。でも、戦おうと思う。」
「僕は、弱虫かもしれない。でも、強くなろうと思う。」
「人生は過酷かもしれない。でも、夢見ようと思う。」
「翼は折れたかもしれない。でも、明日へ飛ぼうと思う。」
「僕は、きみの望むような僕じゃないかもしれない。
 でも、きみの、きみの心の火が消えそうな時は、
 そっとこの手をかざそう。
 いつまでも、かざそう。」

という素晴らしい詩に心を打たれた鈴愛。

しかし、実はこの詩は、りょうちゃんが書いたものではなく、
映画監督の元住吉祥平が書いたものだったのです。

でも、その元住吉祥平が書いた事実を知っても、
鈴愛は、それを言い出せなかったりょうちゃんのことを
さらに好きになっていったのでした(笑)

半分、青いのキャストのりょうちゃんについての情報を
これくらい知っておけば、ドラマがもっと楽しくなりますよ!

若干頼りないりょうちゃんですが、
鈴愛のことを愛しているのがよく分かります。

りょうちゃんは、ちょっとずれているけど、
そこがまた応援したくなります!!

半分、青い、本当に面白いし、好きなドラマです!!

以上、
半分、青いのキャストのりょうちゃんについては、これ読めば分かる!
でした。

スポンサーリンク