川島永嗣GKのパンチングミスのプレー・プロフィールまとめました。

川島永嗣GKはセネガル戦で
パンチングミスで失点をしてしまい、
注目を浴びてしまいましたが、
次のポーランド戦では、汚名返上の
スーパーセーブをして、
日本の守護神としてさらに注目されています。

3戦目のポーランド戦は、
惜しくも0-1で負けてしまいましたが、
フェアプレーポイントの差でセネガルに勝ち、
日本代表は、決勝トーナメントに出場出来て
本当に良かったですね。

川島永嗣GKは、3連続出場で、
1戦目コロンビア戦
2戦目セネガル戦
では、失点をしてしまい、
3戦目のポーランド戦では、
先発出場から外れるのかもと思いましたが、
見事にスーパーセーブをしました。

一体どんなパンチングミスのプレー、
どんなスーパーセーブだったのか?

詳しく調べてまとめてみました。

川島永嗣GKのプロフィール
(かわしま えいじ)

生年月日1983年3月20日
(2018/6/29現在35歳)
出身地 埼玉県さいたま市
身長 185cm
体重 82kg

ユースの経歴
ジャクパ淑徳与野クラブ
与野八幡サッカースポーツ少年団
1995~1997 与野西中学校
1998~2000 埼玉県立浦和東高等学校

プロ経歴
2001~2003 大宮アルディージャ
2004~2006 名古屋グランパスエイト
2007~2010 川崎フロンターレ
2010~2012 リールセSK
2012~2015 スタンダール・リエージュ
2015~2016 ダンディー・ユナイテッドFC
2016~現在 FCメス

輝かしい経歴ですね。

2014年9月10日結婚
川島永嗣GKの奥さん超美人だそうです。
お子さんが一人。

川島永嗣 パンチングミス

http://www.goal.com/jp/より引用

川島永嗣GKのパンチングミスのプレーをまとめました。

川島永嗣GKの問題のパンチングミスは、
6月24日グループリーグ第2戦のセネガル戦でした。

その前に、

国際親善試合スイス戦(0-2スイスの勝利)で、
スローイングミスなどをしてしまい、

また、
初戦であるコロンビア戦(2-1で日本の勝利)で、
コロンビアの直接FKを、
ゴールラインを越えた地点でボールを止めて
失点してしまいました。

川島永嗣GKは、ミスが続いていたんですね。

セネガル戦でのパンチングミスのプレーは、

セネガルDFユースフ・サバリの右シュートを、
川島永嗣GKは、両手でパンチングしてセーブ。

しかし、このパンチングがミスとなり、
正面にいた、セネガルFWサディオ・マネに
ボールが直撃してしまいました。

跳ね返ったボールが先制点ゴールとなってしまいました。

(試合は2-2で引き分けでした)

スポンサーリンク

川島永嗣GKのパンチングミスでしたが、ポーランド戦では汚名返上のスーパーセーブ。

川島永嗣GKのパンチングミスで、
窮地に立たされてしまったのですが、
ここからが、川島永嗣GKの本当の強さでした。

3試合連続先発出場、
見事に、スーパーセーブを果たしました。

川島永嗣GKのスーパーセーブのプレーは、

前半32分にポーランドのMFカミル・グロシツキの
ヘディングシュートを右手で、スーパーセーブしました。

なんと、ほとんどゴールかと思われましたが、
川島永嗣GKの執念が実を結び、
ボールの約半分がゴールラインを超えていたが、
スーパーセーブしました。

川島永嗣 パンチングミス

http://www.iza.ne.jp/より引用

その後も、

後半の槙野選手のクリアミスで
オウンゴールかと思われたプレーも、見事にセーブ。

川島永嗣GKは、試合前のインタビューでは、

『日本代表としてプレーする中で、
批判されることに覚悟がなければこの場所にいない。

次の試合で何ができるかが大事。
前の試合ではチームメートに助けられた。

次は助けるようにしたい』

このようにコメントして試合で結果をだしました。

川島永嗣GKは、ものすごく
メンタルが強いですね。

また、
川島永嗣GKを信じて、
3試合連続で先発出場させた、
日本代表監督の
西野朗(にしのあきら)監督
もすごい決断でしたね。

次の日本代表の試合は、

2018FIFAワールドカップ ロシア
セカンドステージ

現地時間
2018年7月2日21:00

日本時間
2018年7月3日3:00
ベルギー日本

です。

川島永嗣 パンチングミス

http://www.jfa.jp/より引用

平日のAM3時からなので、
眠いですが・・・頑張って応援します。

川島永嗣GKのパンチングミスがありましたが、
やはり、川島永嗣GKは強くてかっこしいですね!
応援しています。

以上、
『川島永嗣GKのパンチングミス?今ではスーパーセーブの守護神だ』
でした。

スポンサーリンク