次世代の文章自動作成ツール

次世代の文章自動作成ツールが特典付きでお得に!

次世代の文章自動作成ツールが特典付きでお得に!

次世代の文章自動作成ツールのUSWの文章作成ロジックは
1.1つが250文字から500文字の段落を作ります。
2.段落の中の文、さらに文の中の文節を2個から50個にリライトをします。
3.リライト数(作成される異なった段落の数)をツールで計測し、999Z以上になれば段落が完成です。
4.段落を100個作れば、ジャンルの元記事が完成します。
となっています。

次世代の文章自動作成ツール文章作成第1ロジック:
ロジックの肝の1つはPSW2_ver.2と基本的には同じで、1つの文を文節ごとにリライトをします。 USWが違うところは、リライトを10回と固定するのではなく、リライトの回数を2回~50回と可変にしたのです。自分で少しでもリライトをしてみるとわかりますが、いつも10回と言われると難しくなります。

ある文節は簡単に10個のリライトが書けますが、ある文節は5個がやっということもあります。また反対に、10個はおろか20個でも30個でも書ける文節もあります。 PSW2_ver.2が2人のプロライターがリライトをしているというのは、1つには10回x10文節と制限されていることも理由だと思います。

USWのライターはプロではありません。学生や主婦もいます、普通のライターです。 特に難しい文章は必要ないので、普通のライターでいいのです。 ただし、リライトで苦しまされることのないような工夫をしています。
それは、複数のライターが1つの元記事を作成します。1つ1つは、普通のライターでもできますが、それが複数が合わせればプロライターにも引けを取らないリライトをできるのです。

具体的に、USWの元記事作成を説明します。
①大本の元記事を作成します。まだリライトはしていないです。 これは、1人が10記事から40記事を作成しますから、3人から10人で合わせて100記事を作成します。

②別の数人のライターに分けて、それぞれが文章を文節に分けて、それを主に5回(2回から10回)リライトします。 この段階で、リライト数は10T(1兆回)を最低基準にしています。

③また別の数人のライターが、一度リライトされた記事を、されにリライトします。文節が増えることもあれば、1つの文節が最高50個のリライトになります。 この段階で、リライト数は999Z以上(1万垓以上)になるようにしています。

④(②の後にもしますが)管理者が確認し、必要なら修正を指示します。
これが文節ごとにリライトをするやり方です。

次世代の文章自動作成ツール文章作成第2ロジック:
これは100個の元記事の中から15個の文を選ぶPSW_ver.2とほぼ同じで、USW場合は100個の元記事の中から1個~20個の段落を選びます。 もちろん1個をおすすめするわけではありませんが、1個でも300文字前後の段落なら、ペラサイトならば通用する文字数です。

逆に最高20個の段落ですと、5000文字から1万文字にもなります。これだけ、濃い文章を持ったページを作成することも可能なのです。

次世代の文章自動作成ツール文章作成第3ロジック:
これはPSWと同じです。同一ページ内には、同じような意味を持つ文章すら存在しないわけです。
ちなみに、文章作成でなく、サイト作成の場合は100段落を使って作成します。もちろん、同じ元記事は使いませんから、サイトの中には同じような意味を持つ文章すら存在しないわけです。

次世代の文章自動作成ツールの特典の内容です。

「次世代の文章自動作成ツール」のご購入が実質無料になる!?
ご購入者さまにドドーンと特典をプレゼントしています!特典の内容です。

「仮想通貨のビットコインが正規に無料で貰えます!ビットフライヤ―で無料でビットコインを貰える方法」

私は約15000円分のビットコインを貰うことが出来ました。ビットフライヤ―に登録する必要があります。この方法は、ビットフライヤーが契約している企業の資料請求等・クレジットカード等の契約での自己アフィリエイトになります。(自己アフィリエイトの報酬がビットコインで貰えます)

以上をご購入者さまに特典としてプレゼントしています!